忍者ブログ
AdminWriteComment
有線lanの基本講座ブログです。無線lanは配線もなく便利ですが電波が盗聴されるなどセキュリティ対策の面では少し不安がありますね。無線lanを使っていると通信トラブルに悩まさた事も多くあり、今回、住宅を新築するにあたり有線lan(宅内lan)を採用することになりました。そこで学んだインターネットと有線lanについて基礎の基礎を初心者向けに情報配信をしたいと思います。


No.
2017/09/24 (Sun) 03:17:48

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



No.38
2009/09/12 (Sat) 00:10:00

PLCの快適な高速通信


電力線を利用したネットワーク通信を行う仕組みのPLCですが、
そもそも、電気配線に情報信号を乗せて送る
PLCの通信技術は、果たして快適な通信スピードが実現できているのでしょうか?

PLCの快適な高速通信について、今回は迫りたいと思います。


PLCは、高速電力線通信という意味で
映像や音声などの情報をPLCの親機によって
2メガヘルツから30メガヘルツの高周波信号に変換して電力線へ乗せ
高周波信号は、電気信号と重なって電力線へ流れます。

この信号は、PLCの子機によって
情報信号だけを取り出されてパソコンなどの情報家電へと
送られていく、いわゆるlanケーブルの代わりとなるものと言えます。


PLCの快適な高速通信について、
いろいろと調べてみますと
電力線に接続されている負荷やネットワークの環境などにもよって
通信速度は、かなり変化するそうですが、
PLCタップの親機から子機の間の通信速度は、
無線lanの約3倍のスピードがあると言われています。

無線lanとPLCを比較すると
無線lanは、壁を隔てたり1階と2階の通信などの障害物があったりして
通信速度が低下したり、遮断されたりすることもあります。

しかし、PLCでは各部屋に配線されている電力線を使用するので
無線lanのような障害物による影響を受けないで
無線lanより快適な高速通信が得られます。


PLCアダプターは、理論値190Mbps、実測値30Mbps~80Mbps
無線lanが、20Mbpsとしても
PLCは約3倍のスピードとなります。

高画質の映像配信、音声情報などの受信など
通信回線の高速化が求められる
現代社会のニーズに答えられる快適な高速通信
ネットワーク技術を持つPLCこそ、情報化時代に必要なアイテムと言えます。

また、PLCアダプターには、ノイズフィルター機能というものが内蔵され
高性能なノイズフィルターによって、
ノイズ等の影響による通信速度の低下も抑えられます。


PLCの快適な高速通信について、
これからも、ますます進化していく事と思います。
PLCは、既設住宅にとって最適な通信方式といえますね。 

PR


[42]  [41]  [34]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [33]  [32
スポンサードリンク
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]