忍者ブログ
AdminWriteComment
有線lanの基本講座ブログです。無線lanは配線もなく便利ですが電波が盗聴されるなどセキュリティ対策の面では少し不安がありますね。無線lanを使っていると通信トラブルに悩まさた事も多くあり、今回、住宅を新築するにあたり有線lan(宅内lan)を採用することになりました。そこで学んだインターネットと有線lanについて基礎の基礎を初心者向けに情報配信をしたいと思います。


No.
2018/10/17 (Wed) 23:43:44

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



No.25
2009/08/16 (Sun) 01:18:16

宅内lan配線をしておくと・・・


宅内lan配線をしておくと・・・
家中のすべての部屋からインターネットが出来ますよ!

すべての部屋からブロードバンドインターネットを楽しめて
複数のパソコンはもちろんのこと
プリンタ、テレビ、DVD、ゲーム機などなど・・・

有線lanの通信スピードは速く、100Mbps
すべての部屋で快適なブロードバンドインターネットが楽しめます。

パソコン同士でのデータ共有ができたり
1台のプリンタを複数のパソコンから使えたりと、
インターネットに多くの機器がつながって、
いつの間にか、家庭のなかでネットワークが生まれます。


宅内lan配線をしておくと・・・
セキュリティの高い有線lanを使いながら、見た目スッキリ!

すべての部屋までlanケーブルが
壁の中や天井裏に通すことが出来て、
部屋の中が、見た目スッキリ!ゴチャゴチャした配線とサヨナラです!

lanケーブルが壁の中に配線されることで、
部屋の美観をそこなうことなく
lan配線も必要最低限!
スリムでコンパクトな有線lan工事、それが宅内lanです!


宅内lan配線をしておくと・・・
パソコンの移動にも簡単に対応出来ます!

家中すべての部屋にlanコンセントが設置しておけば、
たとえば、リビングで使っていたパソコンを
寝室に持って行ってもインターネットを楽しめます。

使いたい部屋のコンセントにつなぎかえるだけで
簡単にブロードバンドインターネットを楽しめるわけですね。


宅内lan配線をしておくと・・・
このようにインターネットの使い方が広がり、
セキュリティ面で安心の有線lanを使っての先行配線で
露出配線が最小限に抑えられ、
インテリアの美観上、見た目もスッキリまとまります。

宅内lan配線は、これからの新築時に検討したい配線計画ですね。
PR


No.24
2009/08/16 (Sun) 00:47:33

宅内lanって、何?


宅内lanって、何?
宅内lanって、最近よく耳にしますが、
これからの新築住宅や改築住宅には、是非ともおススメする工事です!

では、宅内lanって、何なのか?
今回は、少しばかりlanはlanでも、宅内lanについて
お話しをしたいと思います。


宅内lanって、何?
まず、lanについて説明しますと、
lanとは、Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)の頭文字をとった言葉
略して、lan(ラン)と言います。

複数のパソコンやプリンタなどの機器を
同時にインターネットにつなぐためのネットワークのことを
一般的には、lanと呼ばれているわけですね。

もともと企業では、lanは当たり前でしたが、
このlanを家庭で実現するのが
今回のテーマである宅内lanというわけです。


宅内lanって、何?
宅内lanとは、ブロードバンドを家庭内のすべての部屋から
使えるネットワークのことです。

新築住宅であれば、有線lanを先行配線することが可能ですので、
無線lanのように、セキュリティ被害悩むこともなく
壁の中や天井裏などに配線工事をあらかじめ行う事で
有線lan特有のゴチャゴチャした配線にも悩むこともありません。

宅内lan工事を新築住宅で行っておくと
リビングでも子供部屋、寝室でも
すべての部屋からブロードバンドインターネットが楽しめます。


宅内lanって、何?
宅内lanは、これからの新築住宅には欠かせません!

宅内lanの工事が、もしされていないとしたら?
将来、ブロードバンドインターネットを家族みんなで楽しむ為に
パソコンの台数が増えていったり、
インターネット対応のデジタル家電を買ったとき、
lanコンセントが、必要な部屋、必要な場所に設置されていないと・・・

そこに待っているのは、見苦しい露出配線の家です!

宅内lan工事は、これからの新築住宅には欠かせない工事です!




≪前のページ  | HOME |
[1]  [2
スポンサードリンク
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]